未分類

神奈川の転職率はどれくらい?求人倍率は?

全国の1年間の離職率の平均は14.2%です。

参考令和2年雇用動向調査結果の概況(厚生労働省)

おおよそ15%の方が一年間に離職しているのですから、現在の職を辞める事は決して珍しいケースではありません。
男女別だと、女性の離職率が15.9%と男性の12.8%とやや高いのが特徴です。

神奈川の転職率は第6位

離職率ではなく転職率という指標もあります。
神奈川県の転職率は全国第6位と比較的上位ですが、都市部は転職率が高い傾向があります。

転職率ランキング

1位 沖縄県
2位 千葉県
3位 東京都
4位 埼玉県
5位 福岡県
6位 神奈川県
7位 岡山県
8位 宮城県
8位 群馬県
8位 静岡県
8位 大阪府
8位 奈良県
8位 鹿児島県

転職率は「就業構造基本調査」「社会・人口統計体系」のデータをもとに、転職者数を有業者数で割って算出。
参考「転職率の高い都道府県」ランキング 1位は「沖縄県」の6.7%【2017年度調査】

神奈川全体はもちろん横浜市内でも転職はごくありふれた事と言えます。

横浜で離職した場合、求人はどれくらいあるのか?

令和元年の全国の有効求人倍利率は1.60倍。一年間平均の倍率です。
横浜市の平均では有効求人倍率は1.48倍です。

参考横浜市主要経済指標(失業率・有効求人倍率)

全国平均よりも少し下回りますが、そこそこの求人はあると言えそうです。

ブラック企業など不当に過酷な職場で我慢をして働く事で心身を疲弊させるよりは、一度職を離れて新たな職を探すのも一つの選択肢です。

 

 

 

 

-未分類

Copyright© 退職代行を横浜でするなら弁護士が最適な理由 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.