横浜で退職代行を依頼するなら弁護士がおすすめです。

退職代行を依頼する場合、二つの選択肢があります。

1、退職代行業者

退職代行をするにあたってできる事が限られているのが特徴です。
退職の意思を代わりに伝えたり、書類を受け渡しをしてくれます。
また、有給の消化や会社にあるものの返却を代わりに行います。

トラブルになった場合、法的な問題になる事がありますが、退職代行業者では法律にからむ事は基本的にできません。
退職の意思を伝える事で法的なトラブルになった場合、キチンと退職できるのか確証がありません。
退職代行業者は退職の代行の際に法律に関わる事をすると「非弁行為」になり、弁護士法に抵触する恐れがあります。

2、弁護士

退職代行を行うケースの場合、やすやすと雇用主が依頼者の主張に従ってくれるとは限りません。
退職日をどうするか?有給消化をちゃんと消費できるか、などの交渉には法律の力が必要になる場合が多いのです。
依頼者の立場にたって雇用主に向かって法的な主張ができるのは弁護士です。
退職交渉、未払い賃金、残業代の請求など広く相談に乗ってくれるのが弁護士です。

弁護士は退職代行を幅広くカバーしてくれる

退職代行業者は弁護士法により法的な手続きができない事になっています。
退職代行業者ができるのはあくまで退職の意思を雇用主に伝える事です。
争いごとになる場合がありますから、法的な措置ができない事は大きなデメリットと言えます。

対して弁護士は広範な法的な権限を持っており、争いになった場合でも雇用主に対して、法律に基づいた強い措置を執行できます。
当人の辞めたいと意思を伝えるだけで雇用主が辞めさせてくれればそれに越した事はありませんが、そうでない場合、法的な争いになる可能性があります。
弁護士に退職代行をお願いすれば争いごとになった場合、法律が大きな味方になってくれるのです。

横浜で退職代行を依頼するなら弁護士が最適

横浜市内にお住まいで退職代行を依頼するなら横浜の弁護士にお願いするのがおすすめです。
対面でなくても退職代行は可能ですが、何かあった時、職場やお住まいと遠くの弁護士だとレスポンスの早さに問題が起こり得ます。
更に横浜の労働環境の事情を知っているに越した事はありません。

退職の代行はきちんと法律の知識を持った弁護士にお願いしましょう。

 

 

 

Copyright© 退職代行を横浜でするなら弁護士が最適な理由 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.